歌を通して私は変わった

日頃の生活の中で、悩んだり、落ち込んだり、泣いてしまいそうになったりする場面がいくつもあった私が、あるときコーラスに出会いました。
元来、歌を歌うことが大好きな私は、自宅にあるテレビゲームに付属のカラオケで気分転換に歌っていることがありますが、1人で歌う寂しさがありました。

息子の高校の卒業式当日、ホールに響き渡る美しい声で歌うコーラス同好会の人たちの姿が私の目に焼き着いたことをきっかけに、誰かと一緒に歌いたい気持ちが芽生えました。 コーラス同好会の人たちの歌声を聞いたとき、私は体の震えが止まらないほどの感動が体全体に伝わったことを実感しました。 私自身が大きく変わる何かを感じていた瞬間かもしれません。

そんなにうまくないうえ、障害を持っている私は、「コーラス同好会の人たちの仲間に入りたいけど、無理かな」と思う反面、チャレンジしたい気持ちのほうが強かったです。
私の心の声が「コーラス同好会って何だろう?どんな仲間とやっているのだろう?」と叫んでいました。
コーラス同好会が、「どんな集まりで結成されているか」調べた私は、卒業生と在校生のお母さんたちが集まり活動していることがわかり、仲間入りしたい気持ちがより強まりました。
その後幸運なことに、一緒に同学年のお母さんも入ることになった私は、とても心強かったです。

仲間入りした私は、胸の鼓動が聞こえるほどドキドキしていました。
子供について同じ悩みを持ち、乗り越えてきたお母さんたちは、皆さんとても優しく、何となく固くなっていた肩が「スーッ」と軽くなったように感じ「ホッ」としました。
早速練習が始まると、お母さんたちのとてもきれいな声に私は驚きました。
「この人たちの中にいても大丈夫かな、きれいにハモれるかな」と心配してしまうほどでした。
指導してくれるお母さんが「大丈夫ですよ。気軽に来て歌を歌って、みんなが楽しめる、楽しめればいい場所だから」と言ってくれたとき、私の心につかえていた心配が取れました。

コーラス同好会に仲間入りし、お母さんたちと何度か顔を合わせ歌っているうちに、私の心と日常生活も少しずつイメージチェンジするかのように変化してきました。
髪を切った、衣服を変えたなどのイメージチェンジは、見ればすぐわかります。
一方、すぐわからない、わかり難い心や身体、精神的なイメージチェンジができてきたことは、すてきなことでした。
自分自身が「どんな風に変わるのか、どのように変わっていき、イキイキと自分らしくいられるのか、わからなくてもよい」と思いました。

コーラスと仲間に出会った私が、変化してきた自分自身に「ありがとう」と言いたい気持ちがあるからこそ、現在の自分がいる証でしょう。
自分を変えてみたい思いがあるなら、覗いてみた心の中から何かが変わったら、とてもすてきなことです。
私はこれからもコーラスを続け、常に自分のイメージチェンジを更新することによって、いつか大きなイメージチェンジができることを信じています。